トップ

助産院と補助金とは

助産院で産む費用はどれくらい?

助産院での出産の費用面を考える

最近、妊娠している女性の中で助産院での出産を希望する方が増えています。
それには、自分に合ったスタイルでリラックスして出産できると言うメリットや薬や機械を使わずに出産するため、自分で産んだ!という満足感が得られるというメリットなどが関係しています。
自分の子どもは自分らしい仕方で産んであげたいという願いはあるものの、気になるのが費用の問題です。助産院での出産にはどれくらいの費用が必要になるのでしょうか。

一般的に妊娠・出産にかかる費用をすべて併せると50‐10万円と言われています。その費用の中には入院・出産の費用だけでなく、保険適応外の妊娠検査から妊娠中に平均して10回以上の検診の費用、検査費用、マタニティグッズやベビー用品の費用まで、すべての費用が含まれています。
純粋に入院・出産の費用だけで考えると、総合病院や大学病院での出産と助産院での出産では出産費用の面ではあまり変わりはなく大体40万円前後です。出産費用が高くなる場合というのは、お祝いディナー付きや完全個室、エステ付きなどの豪華な病院を選ぶと出産費用が100万円前後と高額になります。

出産費用を抑えるためには、出産に当たって出産支払一時金や児童手当金、出産手当金などの国や自治体から貰える給付金を上手に活用することです。また、マタニティグッツやベビー用品は短い間しか使用しないものなので、ネットオークションやリサイクル品、友人から譲り受けたもの、レンタルなどを活用することで出費を抑えられます。
出産となるとまとまったお金が必要となりますが、これらを上手く活用することで、出産費用を賢く抑えて、自分らしい出産を実現することが可能です。

Copyright © 助産院で産む費用はどれくらい?. All rights reserved.